便秘とは?3日便が出ないなら便秘の可能性あり。早期の解消法でスッキリ


便秘とはどのような症状を言うのでしょうか。

便秘とは?

便秘とは大便(糞便)の回数が少ないこと。
腸の中に便が残っている、溜まっている。

また、状態は異なりますが、便の出る量が少ない、便に含まれるの
水分量が少ないことも便秘と言います。
便の形状がバナナのようになっていれば正常ですが、
形を成しておらず液状だったり、丸い球状でコロコロとしている
のもよくありません。

健康な便と排便回数の目安

人間が食べた食べ物は食道を通り胃で分解され、小腸で栄養が吸収される。
残ったカスは大腸で便になります。
この便の排泄が週に3回以上あるのが健康な状態。

目安として、週3回未満、3日以上にわたって排便が無いのであれば
便秘であると言えます。

また便の回数が充分でも量が極端に少なかったり、便に水分が無く硬い、
排便がスムーズでなく困難、こういった症状も便秘と呼びます。

なお排便には個人差が大きいため、腸に大便が溜まったことで、
本人がお腹が張っていると思ったり、下腹部が苦しいと感じれば、
便秘ということになります。
必ずしも3日以上出ないことで慌てたり思い悩んだりすることはよろしくない。
それがストレスに感じてかえって出にくくなることもあるのです。
あまり神経質になり過敏になりませんように。

特に子供さんの場合は、意思疎通も難しく、お腹が張ってるかわかりにくい。
4日目に親が怒ったり、急かしたりして、無理やり
大便させようとする必要はありません。

便秘の原因

便秘の原因としては、運動不足、食べ物で水分不足、食物繊維不足、
精神的なストレスが挙げられます。

また大腸ガンや腸閉塞のように腸が詰まる病気にかかっていると、
物理的に便の通りが悪く便秘になります。

便秘の解消法

便秘になってしまったら、あるいは便秘気味であれば、
まずは水分をたっぷりと飲むようにしてください。

お腹が詰まっているので食べたくないかもしれませんが、
それは逆で、食べたほうがよい。
特に食物繊維によって便が形を成しますので、
野菜をたくさん食べるように。

それから体を動かす。
運動することが無理ならば、散歩でもよい。

日常で何かストレスを感じていませんか?
気分的にもリラックスして過ごすようにしてください。

善玉菌

便秘や下痢のときの腸内環境は善玉菌より悪玉菌が優勢。
ですから善玉菌を増やすように心がけること。

具体的には乳酸菌、ビフィズス菌こそが善玉菌。
ヨーグルト、乳酸菌飲料、乳酸菌サプリ、ビフィズス菌サプリを活用する。

食べ物での目安は発酵食品。

乳酸菌やビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖も取りたい。
食品では、きな粉、玉ねぎ、バナナ、ゴボウなど。

便秘にならないために

便秘はある程度予防ができます。
上記のこと、水分、食物繊維、運動、そして乳酸菌。
ごく普通の生活習慣を身に着けて実践する。

難しくはありませんので、快調なお腹のために意識して継続することを
おすすめします。