腸内フローラとは?腸内細菌叢で善玉菌の乳酸菌を増やして便秘解消

腸内フローラとは何なのでしょうか。

腸内フローラとは?

人間の腸の中には多くの菌が存在しており、
腸内細菌の種類は数百、数は100兆個を越える。

小腸や大腸内において腸壁にグループごとの住み分けがある。
顕微鏡で見るとまるで花畑のようであることから、
英語のflora(フローラ)=植物群を文字って、
腸内フローラ(腸内細菌叢、ちょうないさいきんそう)とも呼ばれています。

元々は専門用語でしたが、NHKのためしてガッテンという番組で
取り上げられたことで人々の認知度が高まったとも言われています。

腸内細菌

腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌があり、およそ
善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割といった割合になっています。

この腸内細菌のバランスを腸内環境とも言います。

乳酸菌は善玉菌であり、もちろん腸内フローラの中に存在する。
ビフィズス菌も同じ。

乳酸菌と腸内フローラ

腸内細菌のバランスが崩れると便秘や下痢になります。
水分量、食べ物や摂取栄養素、体調、ストレスなどで変化。

前述の日和見菌は善玉菌と悪玉菌の優勢なほうにつく菌ですので、
常に善玉菌を多く維持しなくてはなりません。

そのためにも乳酸菌の摂取を強化することは、腸内フローラのバランスを整え、
腸内環境を正常化する方法としてはとてもよいことなのです。

腸内フローラの増やし方

腸内フローラの増やし方ですが、腸内の細菌群を増やせばよい。
しかし中でも善玉菌を増やさねばなりません。
それが乳酸菌やビフィズス菌にあたります。

ビオフェルミンという指定医薬部外品の市販薬が有名ですが、
腸内フローラの研究に歴史があり、乳酸菌や善玉菌を増やすお薬です。

こういったお薬を活用したり、乳酸菌飲料、ヨーグルトで補給すれば、
体内への乳酸菌やビフィズス菌を増やせる。

他の食品としては発酵食品が目安になります。
チーズ、キムチ、味噌、糠漬けなど。

あとはオリゴ糖が善玉菌のエサになりますので合わせて取ると
腸内フローラのバランス、腸内環境によいでしょう。
食品では、きな粉、玉ねぎ、ゴボウ、バナナなど。

ただ、乳酸菌やビフィズス菌は熱や酸に弱いので生きたまま腸に
届けるには、カプセル状やコーティグなどで工夫されている
乳酸菌サプリメント、ビフィズス菌サプリを使うのも有効。

なお、仮に乳酸菌が生きたまま腸内へ届かなかったとしても、
善玉菌のエサになりますので無駄ではありません。
乳酸菌飲料でもヨーグルトでも積極的に取るべき。

腸内フローラをバランスよく増やせば、腸内環境としては
善玉菌のほうが多くなり正常。
これで便秘や下痢を予防あるいは改善することができます。