腸内細菌を増やすヨーグルト、乳酸菌飲料

腸内細菌を増やすヨーグルトや乳酸菌飲料について。

腸内細菌

腸内細菌とは腸の中の細菌のこと。
種類で1万以上、数で100兆個以上の腸内細菌が存在しています。

グループごとに塊で腸壁にひっついている腸内細菌叢。
花畑のようにも見えるので腸内フローラという別名称もあります。

善玉菌と悪玉菌

腸内細菌には善玉菌と悪玉菌があり、善玉菌が多ければ腸内環境は正常。

もうひとつ日和見菌というものがありますが、善玉菌と悪玉菌の多いほうに
加担しますので、あまり気にすることはありません。

健康な人の腸内環境は善玉菌2割で悪玉菌1割。
残りの7割が日和見菌というバランス。

悪玉菌を減らし、善玉菌を増やせばよい。
これが維持できないと便秘や下痢になってしまう。

同時に腸内環境は、体全体の免疫機能や精神面メンタルヘルス
にも関係していることがわかってきていますので、
腸が健康でないと風邪を引きやすかったり、怪我が治りにくかったり、
落ち込んだり、うつ病になる可能性もあるのです。

腸の健康状態、腸内細菌について軽視してはいけません。
便秘や下痢を頻発して繰り返している方は要注意。

腸内細菌を増やす

腸内細菌を増やすなら特に善玉菌を増やすこと。
悪玉菌を増やしてはいけません。

悪玉菌は脂っこい食事や甘いもの、暴飲暴食で増えやすいのでご注意ください。

そして善玉菌が減ってしまう原因は、ストレス、加齢、
乱れた食生活、体調不良などが挙げられています。

生活習慣を見直し、健康な毎日を送ることが善玉菌を維持し、
腸内環境をよくするのです。

腸内細菌を増やすヨーグルト、乳酸菌飲料

腸内細菌を増やすヨーグルトというより、善玉菌を増やすために
ヨーグルトが知られています。
善玉菌の代表である乳酸菌、ビフィズス菌が入っているからです。
大抵のヨーグルトには入っていますので銘柄は問いません。

また、乳酸菌飲料を飲むのもよい。
ヤクルト、ピルクル、カルピス、マミー、ジョア、
ブルガリアのむヨーグルト、ビックル、などが比較的有名で知られています。

乳酸菌サプリメントやお薬

乳酸菌やビフィズス菌は熱や酸に弱い。

生きたまま腸に届けたいならビオフェルミンという整腸剤のお薬が有名。

また、乳酸菌サプリメントやビフィズス菌のサプリメントですと、
コーティング状、カプセルにしてあり、熱や酸からの影響を避けて
生きたまま腸まで届くようになっていることが多い。

整腸剤やサプリの活用は意味があるということですね。

一方で先の乳酸菌飲料やヨーグルトのほうですが、
生きたまま届かなかった乳酸菌も善玉菌のエサになるので、
そこまで神経質になる必要はありません。

それでも食事の後に乳酸菌飲料やヨーグルトを食べたほうが、
熱や酸の悪影響を少しでも避けられるかもしれません。
少しでも多くの乳酸菌を生きたまま腸に届けるために。