腸内環境を改善する食事について

腸内環境を改善する食事には何がよいのでしょうか。

腸内環境

腸の中には100兆個以上の腸内細菌が存在しています。

腸内フローラとも呼びますが、この細菌の中には
善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類がある。

健康であれば善玉菌2割で悪玉菌1割。
残りの日和見菌は優勢なほうにつくので、善玉菌が
悪玉菌より多ければ腸内環境は整っていると言えます。

このバランスが崩れますと腸内環境は悪くなり、
便秘や下痢を起こしてしまう。

腸内環境を改善する

もし便秘や下痢になってしまったら、腸内環境を整える
必要があります。

善玉菌を増やすこと。
乳酸菌やビフィズス菌がそれにあたります。

腸内環境を改善する食事

腸内環境を改善する具体的な食事、食べ物について。

ヨーグルト、チーズ、乳酸菌飲料などを取れば、
乳酸菌やビフィズス菌を体内へ送りこめます。
善玉菌が増える。

便秘であれば便が硬くなっていますので、
水分を多めに取るようにしましょう。
どんなドリンクでもよいですが、水でよいのです。

食物繊維を取ると腸の動きを促進し蠕動運動につながる。
そして便を大きくしたり水分を吸収するので、
排便を催しスムーズに出るようになります。
食物繊維は野菜、豆類、芋類、果物、海藻を食べる。

糖は取りすぎると悪玉菌を増やすことになりますので、
甘味(お菓子・ケーキ・ドーナツ・ドリンク類)は控え目にしましょう。
意外な盲点は乳酸菌飲料にも糖が含まれていること。

そもそも食事の暴飲暴食による食べ過ぎは、内臓の負担や消化不良、
ストレスも合わせて悪玉菌を増やすことにつながりますので
腹八分、あるいは少なめの食事を心がけることも腸内環境を改善するには
よいのです。