腸内細菌とは?腸にある善玉菌と悪玉菌などの細菌

腸内細菌とは何でしょうか。

腸内細菌とは?

人間や動物の腸の中には1万種類以上、
100兆個以上もの細菌が存在しています。
これらが腸内細菌。

腸壁についてグループごとに存在しており、
腸内細菌叢(さいきんそう)と言います。

この腸内細菌の集まった状態を顕微鏡で見ると、
まるでお花畑=フローラのように見えることから、
腸内フローラとも呼ばれています。

善玉菌と悪玉菌

健康な人の腸内細菌は主に善玉菌、悪玉菌、
そして日和見菌に分けられる。

善玉菌というのは名の通り腸内環境をよくする。
悪玉菌はその逆で悪化させる。

正常な腸内細菌のバランスは、善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割になっています。
日和見菌というのは優勢なほうにつくため、善玉菌が悪玉菌より多ければ
腸内環境は健康で、よいと言える状態。

この腸内細菌のバランスが崩れてしまうと、
厳密には悪玉菌のほうが多くなったとき、
下痢や便秘になってしまう。

善玉菌

善玉菌とは乳酸菌、ビフィズス菌のこと。

便秘や下痢を起こさなくするだけでなく、
有害物質を排出するデトックスや、体の免疫機能全般
などにも関係してくるとも言われています。

また、人間が意欲的に元気になるセロトニンという神経物質の9割が
腸にあるとされ、こういったことから腸内環境がうつ病にも関係している
ということがわかってきています。

善玉菌が減ってしまう原因は、不規則な生活、ストレス、偏ったバランスの悪い食事、
栄養的によくない食品、加齢からの年齢要因、などが関係しているといいます。

生活習慣を見直し、健康で元気な毎日を送ることが、
善玉菌を減らさないコツ。

乳酸菌

ヨーグルトや乳酸菌飲料に含まれている
乳酸菌やビフィズス菌というのは善玉菌であり、
糖から乳酸や酢酸を産生する。

善玉菌が増えるので腸内細菌のバランスをよくしてくれる。

だから便秘改善や予防に関してヨーグルトを食べたり、
乳酸菌飲料を飲むようにすすめられるのです。

乳酸菌飲料ならヤクルト、ピルクル、カルピス、
ビックル、飲むヨーグルトにはジョアなどありますね。

ビオフェルミンは乳酸菌のお薬として有名。
整腸剤ということになります。

乳酸菌やビフィズス菌は熱や酸に弱いため、
生きたまま腸に届くのは難しい。

仮に生きたまま届かなくても善玉菌のエサになるので、
気にせず乳酸菌を取るのは問題はないのですが、
乳酸菌やビフィズス菌のサプリメントですと、
コーティングやカプセル状など、熱や酸に耐えられる
ように工夫してあることが多いですので、
より多くの乳酸菌を生きたまま届けることができて
おすすめです。