ダノンビオヨーグルトが便秘に効く理由はビフィズス菌BE80にあった


ダノンビオヨーグルトが便秘に効く理由とは?

ダノンビオヨーグルト

便秘の解消にはヨーグルトが良いと聞きますが、
その中でも人気が高いのがダノンから販売されている
ダノンビオヨーグルトです。

テレビCMなどでもよく目にしますし、スーパーには
必ずと言っていいほど陳列されている緑の小さな4個入り
パッケージを見たことある方が多いかと思います。

ダノンビオヨーグルトが他のヨーグルトよりも
便秘に効果が高いのはなぜなのででしょうか。

ビフィズス菌BE80

ダノンビオヨーグルトに配合されているビフィズス菌が
BE80菌になるのですが、この菌が非常に便秘に良いのです。

それはなぜかというと熱や酸に弱い善玉菌の中でも、
高い生存率で生きたまま腸まで届くからです。

生きたまま腸に届けば善玉菌が増えやすく腸内環境が整う。

よって便秘解消や、お腹の膨張も軽減することが出来ます。
お腹が張って辛いと感じている人にも効果があるのです。

菌が減らない

BE80菌があることで時間が経っても菌数が減ることが無いという。

ヨーグルトが工場で製造され出荷、スーパーやコンビニで販売。
それを買って時間が経っても、自宅の冷蔵庫に保管している間も
細菌が減らずに、食べればそのまま摂取出来るということになります。

ヨーグルトの中で乳酸菌も減りにくいということ。
体内に入れれば腸内でも乳酸菌が減りにくくなるという。

そこが他のヨーグルトとは大きく違う点。
食べ続けていけば腸内環境においてもビフィズス菌や乳酸菌が
生存しやすくなる、持続効果が期待できる。

大抵のヨーグルトや乳酸菌飲料は食べたり飲んだりした段階で、
残念ながら既に菌数が減っている可能性すらあるのです。

ダノンビオヨーグルトが便秘に効く理由

ダノンビオヨーグルトが便秘に効く理由は、

食べてから体内において胃液や胆汁からの影響で死滅することなく、
腸まで生きて届くことにあります。

乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は死滅しても
他の善玉菌のエサになるので、腸内の善玉菌を増やすことには
貢献するのですが、やはり生きたままで腸内細菌のひとつ
として働くほうが、より善玉菌を増やし悪玉菌を減らせるのは
言うまでもありません。

ダノンビオヨーグルトはパッケージやCMでもうたわれている
こととして14日間連続で試すと効果があると言われています。

世界70か国で20年以上販売されてきた実績がその便秘解消効果
を証明していると言えるでしょう。
このような乳酸菌、ビフィズス菌系の商品は珍しい。

便秘に悩んでいる人は一度ダノンビオヨーグルトを
14日間試してみることをお勧めします。