腹筋運動とストレッチ、ヨガで便秘解消へ

慢性的な便秘ではないですが時々体調によっては便秘気味に
なるときがあります。

便秘になってしまうと体が重くだるくなってしまうので
便秘薬を使わずに便秘を解消できる方法を探していますが、
いろいろ試した便秘解消の方法の中でも効果があったのが
水分をいつもよりも多くとり腰全体を動かす運動でした。

水分補給とカフェオレ

元々あまり水分を取らないので便秘になった時だけは
できるだけ多く水分を取って便秘を解消させることにしています。

冷たい飲み物を飲むと身体が冷えてしまうので、いつも温かいお茶か
常温のお水を飲む。
いつもは一日一杯のカフェオレを飲んでいますが、便秘の時には
朝食の時にも追加し、1日2回ほどカフェオレを飲んでいます。

利尿作用もあり便秘の解消にも効果があるので、大体この方法で
便秘が解消するので助かっています。

毎朝ヨーグルトは必ず食べ、野菜もできるだけ多く食べる
ことも実践。

腹筋運動とストレッチ、ヨガ

それでも便秘になってしまった時は水分を多くとりながら
自宅にある腹筋ワンダーコアで腹筋すると、
お腹周りの筋肉が動くからか便秘が解消しやすくなります。

いつも動かさないお腹周りの筋肉が動きやすくなり
さらに腰全体をねじったり腰の筋を伸ばすような
ストレッチやヨガを取り入れることによって、強力に
便秘が解消すると言えます。

まとめ

できる限り腹筋ワンダーコアやヨガ、ストレッチは
健康のためにも毎日行うようにしていますが、
便秘になってしまった時には時間や回数を増やして
行うようにしています。

便秘になってしまうとお腹が痛く動きにくくなってしまうので
できるだけ便秘にならないように注意していますが、
それでもなってしまった時は水分を多めにとり、
腹筋やヨガなどでお腹の筋肉を動かしお風呂に浸かりながら
腰をねじったり手でお腹をのの字にマッサージすることで、
早めに便秘が解消できるようにしています。

管理人からアドバイス

適度な運動はストレス解消、体のリズムを整え、
便秘解消に効果的。

特に腹筋、ヨガ、ストレッチの動きにおいて、
下腹部、下半身、腸の辺りを動かすということで、
直接的に腸が刺激され蠕動運動を呼び起こし、
宿便が動き出す、ガスおならが出る、
便意が起こるといったことが期待できます。

飲み物はコールドではなく、冷え改善にもなる
ホットドリンクで体を温める。

なお、コーヒーを飲むと便秘が解消する
という人も一定数いますので、カフェオレが合う
のなら、継続されるとよろしいでしょう。