胃酸に弱い乳酸菌・強い乳酸菌

胃酸に弱い乳酸菌と、胃酸に強い乳酸菌の違いとは何でしょうか。

生きたまま腸に届く乳酸菌とは

乳酸菌は胃酸に弱く、腸に届くまでには死滅してしまう
という話を聞いたことがあるかもしれません。
実際にこの情報は正解でもあり、不正解でもあると言える。

乳酸菌には植物性と動物性があり、動物性の乳酸菌は
乳製品を素にしたものや、人間の体内にも存在します。

植物性の乳酸菌は胃酸に強く、死滅せずに腸に到達できる
ものもありますが、
その一方で植物の性質である無酸素状態で生き抜くことが
難しいこともわかっています。
反対に動物性の乳酸菌は酸素がない状態でも生きることが
できる一方、強い酸には抵抗の余地もありません。

役割を果たすことができる乳酸菌

植物性の乳酸菌が酸に強く、生きたまま腸に到達できたとしても
無酸素状態の腸内ではその能力を発揮することは難しい場合があります。

健康のために乳酸菌を摂取することを心がけても、
期待するような効果を得られないのでは意味がありません。

では、食生活に乳酸菌を取り入れることによって便秘改善などの
健康効果を得られることが知られているのはなぜでしょうか。

その理由はわたしたちの体内に既に存在している善玉菌が
鍵を握っているようです。

善玉菌の働きを活かすために

人間の腸内に存在する善玉菌は、動物性の乳酸菌である
ビフィズス菌の助けでその数を増やすことができます。

善玉菌は腸の活動を活発にすることや、これにより便秘改善だけではなく
下痢を抑えることにも効果が期待できるというわけです。

便秘に悩む方にとっては、善玉菌を増やす乳酸菌の摂取が効果的ですが、
善玉菌を増やすことによって得られるメリットは便秘の改善だけにとどまりません。

腸をあらゆる病原菌などから守る強い腸内環境をつくる働き
についても確認されています。

また、免疫力を低下させる悪玉菌を減らすことができるのも、
善玉菌の力にかかっているといえます。

悪玉菌は不規則な生活やストレスなどによって増えてしまう
こともわかっています。

健康的な腸内環境づくりには、食生活だけでなく心の健康も重要なのです。