快便なのにニキビができてしまうのはなぜ?

腸内環境とお肌の関係

食事から体内で栄養を吸収し、不要なものは体外に出す
という排泄のしくみがスムーズに行われることは生き物本来の構造です。

自然な排泄が行われないことの原因は、食生活や
日頃の習慣、なんらかの疾患が関わっていることも考えられるでしょう。

腸内環境はお肌の状態に影響を与えやすいことは
ご存じの方も多いのではないでしょうか。

近年も便秘と肌荒れの関係は取り上げられ、実際のところ
便秘が原因でニキビが発生します。

その理由は長時間腸内に留まっていた宿便から発生した有害ガスが、
宿便の壁に阻まれ、おならとして肛門から出ることができないと、
腸に吸収され、さらに血中から皮膚のほうへ回ってしまう。

結果、これらガスは肌から排出することもできるので
そこまで問題はありませんが、通常の肌呼吸やターンオーバーが
できにくくなってしまう、結果として、
お肌に悪影響を与えるという流れになります。

快便なのにニキビができる

では、便秘に悩むこともなく快便な人にできてしまうニキビの原因とは
どのようなことが考えられるのでしょう。

ホルモンバランスによってお肌の調子や心の状態に変化が表れることは
よく知られています。

女性の生理前症候群はホルモンバランスが関わるさまざまな症状を
指すものですが、自覚のある方も多いでしょう。

生理前になると食欲が増す、精神的に落ち込みやすいなどの心の変化や、
生理前後にニキビができやすいのもホルモンバランスの影響なのです。

また、加齢によって皮脂の分泌が低下し、肌が水分量を調整しようと
皮脂が過剰に分泌されることによって毛穴がつまり、
これがニキビの原因になることもあります。

ホルモンバランスとは

ホルモンバランスは、女性ホルモンの主体であるエストロゲンや
プロゲンステロンと男性ホルモンであるアンドロゲンの働きに
均衡を保つ仕組みです。

皮脂を分泌する男性ホルモンと、反対に
皮脂の分泌を抑える女性ホルモンの働きはどちらかに傾きすぎても
肌荒れの原因となります。

男性ホルモンに傾くとニキビができやすいことは事実ですが、
女性ホルモンが増えすぎてもお肌の乾燥が進むので、
健康な状態とはいえません。

お肌を健やかな状態に保つことは、双方のホルモンが
バランスよく保たれることが条件になるのです。

ホルモンバランスを整えるためには

美肌ホルモンとも呼ばれる女性ホルモンを増やすことは 女性にとって、
一見良いことのように思われがちですが、 大切なことは男性ホルモンとのバランスです。

ホルモンバランスは生理周期とのつながりも深く、
自力で操作できるものではないという判断は間違った認識。

ホルモンバランスを乱れさせる原因は、そのほとんどが
不摂生な生活にあるとされています。

睡眠不足や不規則な食生活、ストレスや疲れをためこんでいる状態は
多くの社会人が自覚していることですが、
できるだけ解消できるように努力してみましょう。