キムチの植物性乳酸菌で便秘解消。加熱せずに食べると効果的


キムチには植物性乳酸菌が含まれており、
便秘解消に役立てることができます。

キムチの豊富な成分

便秘解消には、乳酸菌と食物繊維が同時に摂れるキムチが良い
と言われます。キムチは韓国の漬物で、発酵食品に該当します。

キムチは、白菜・大根などの食物繊維が多い野菜が元となり、
塩による下漬けとキムチの素になる薬念によって本漬けされ作られます。

薬念には、唐辛子・にんにく・しょうが・あみの塩辛・
もち粉・魚醤、りんご等のフルーツ・ごま・松の実・干しエビ
などの食材が使われ、動物性タンパク質、炭水化物、
各種ビタミンが豊富です。

唐辛子に含まれるカプサイシンは、新陳代謝を高め美容に良い
ことは知られています。

キムチの乳酸菌は腸に良い

キムチの薬念の一つ魚介の塩辛は、キムチを乳酸発酵させる働きがあり、
それによってできる乳酸菌はキムチ1gあたり数億個と言われています。

乳酸菌は、ヨーグルト由来の動物性と、漬物やキムチに含まれる
植物性の乳酸菌があります。
キムチに含まれる植物性乳酸菌は、乳製品に由来する動物性乳酸菌
よりも耐久性に優れているので生きたまま腸まで届き、
善玉菌を増やして腸を元気にする働きが期待できます。

またキムチは、同じ植物性のぬか漬けに比べると、洗わずに食べる
ことができるので、より多くの乳酸菌を含んでいるのです。

キムチの食べ方

キムチは、料理に使われることも多く、鍋料理のチゲなど
キムチ料理は数多く紹介されています。

乳酸菌は耐久性が無く、加熱に弱いという特性も否定できませんが、
死菌になっても腸に良い働きをすることが明らかになっています。

生菌は腸内を元気にしますが、死菌は腸の善玉菌のエサとなり
善玉菌の増加に役立つ他、腸の有害物質を吸着して便にする働きや、
腸を刺激して免疫力を向上させる働きがあります。

水キムチという唐辛子を使わない胃腸にやさしいキムチもあります。
ご飯のゆで汁やお米のとぎ汁で漬けて発酵させた水キムチで、
普通のキムチに比べて、漬け汁には乳酸菌が倍以上あると言われています。
酸味がありますが試してみたい一品です。

キムチ乳酸菌

キムチに含まれる代表的な乳酸菌に、ラクトバチルス菌や
ペントサセウス菌があります。

ラクトバチルス菌は、整腸作用があるので便秘改善に役立ち、
免疫力を高め感染症を予防する効果が期待されています。

ペントサセウス菌は、キムチの野菜の味をまろやかにする働きの他、
微生物を抑え食品の保存に役立っています。

近年キムチメーカーから、胃酸に強いPne-12乳酸菌のような
キムチ乳酸菌が発表されるようになりました。

アトピーに良いCJLP133乳酸菌やがん細胞を攻撃する
NK(ナチュラルキラー)細胞を活性化するLB27乳酸菌など、
ラクトバチルス菌の一種で特有の効果が期待される菌もあり、
キムチに含まれる乳酸菌は100種類以上、今後も研究が期待されます。