高齢者の便秘の原因と解消法。便秘の加齢要因も改善する乳酸菌

高齢者の便秘の原因は何でしょうか。

加齢からの便秘

高齢になると便秘になってしまうことが多い。

女性は若いときから便秘になりやすいものの、
男性はそうでもありません。
そういった男性も加齢から便秘がちに。

若い人より高齢者のほうが便秘になりやすいのは事実。
加齢が便秘の原因になっているのです。

体の衰え

排便は腸が蠕動運動して便を押し出します。
また、腹や肛門は筋肉が動かしています。

高齢になりますと、体の各器官や筋力が弱ってきますので、
便を出すという力自体が衰えてきています。

同時に神経系統、反射神経、知覚神経、胃・結腸反射なども衰えがちですので、
便意自体を催して発動しない、催しにくい、その信号に気づかないなども考えられます。

食べる量の減少

高齢になればなるほど食べる量も減っていく。

食べ物から少ないということは出ていく便の量も少ない。
大便の塊が小さく、便を催しにくい。

トイレに座っても排便しにくく、少量すぎて
すっきりしないということにもなります。

水分を飲む量も減っているようなら、便が硬くなってさらに出にくいかもしれません。

高齢者の便秘の解消法

高齢者の便秘の解消法としては、若い人と同じですが、水分を多めに取り、
食物繊維として野菜、果物などを食べるようにする。

食べる量に関しては無理に増やすことはないでしょう。
逆に負担になってしまいますから。
便の量が少なければ排便の回数が減るだけで問題ありません。

あとは、できる限り体を動かしてください。
運動をできる体ならよいですが、無理なら散歩や軽い柔軟体操や
ストレッチ程度でもよいです。
寝たきりはよくありません、腸の動きも止まってきてしまいます。

それでも便秘がちでしたら、持病の影響や、服用しているお薬の悪影響や
副作用ということもありえます。かかりつけの医師に相談してみたほうが
よいかもしれません。

高齢者こそ乳酸菌を補給しよう

便秘は放置しておくと命にもかかわるくらい危険で軽視してはいけません。
高齢者の便秘ならなおさら放置しておくと危険。
痴呆症になりかけて自覚がないということもあるかもしれませんし、
そうでなくても体全体に健康全般に悪影響が出てきますから、
周りのご家族も協力して何らかの対策は考えておきたいものです。

乳酸菌は腸内細菌の善玉菌を増やし、腸内環境を整えます。
腸の蠕動運動が始まり、便もほどよく水分を含んだ塊になり
スムーズに排便できるようになっていく。
ヨーグルト、乳酸菌飲料、乳酸菌サプリメントは乳酸菌やビフィズス菌を
取れる善玉菌食品の代表。
高齢者の方の便秘解消や予防策としても有効。
毎日のお食事や生活習慣の中に自然に取り入れていけるようにしたいものです。