救急車を呼ぶ?便秘の悪化で吐き気や高熱も

毎日お通じがありますか?

毎日決まった時間にスッと快便でいられる
理想的な習慣を持っている人は、
ほとんどいないのではないでしょうか。

厚生労働省の調査によれば日本人全体
では約4割、女性に至っては約半数の人が
便秘で悩んだことがあるそうです。

便秘体験談

私も成人してから便秘と感じることが多くなりました。
3~4日に1回のペースでしか排便がなく、
長い時には1週間以上でないこともありました。

腸内に留まっている時間が長いため便はカチカチ、
時にはうさぎのようなコロコロした便しか出ず
お腹が張ることも良くありました。

時には下剤を使って無理やり出すこともありましたが、
そんな状態でも出るのだから大丈夫だろうと
あまり意識せず特に食習慣や生活習慣を顧みることは
ありませんでした。

吐き気と高熱、救急車が必要なことも

この便秘を何とかしなければと強く感じたのは
1週間以上お通じがなかったある夏の日。
お腹が張って中に溜まっていることが分かり、
便意もあるのですが便が固くなりすぎて
自力では出せなくなったことがありました。

お腹から胸のあたりに圧迫感があり、
吐き気と高熱が襲いました。
病院にいくのも恥ずかしく何とか自分で
かき出しましたが、あの時の冷や汗と
不快感は何年たっても覚えています。

私の姉も便秘を放置しすぎて動けないほどの
腹痛が襲い救急車で運ばれたことがあるので、
たかが便秘と放置しておくと危険です。

切れ痔

また便秘を繰り返し、毎回固い便をしていると
お尻に大きな負担がかかります。

慢性的な便秘になりなかなか改善できない私は
固い便を繰り返すうちに切れ痔になりました。

これが本当に痛く、放置しているとなかなか
治りません。
痛いまま放置しているとある日、
便器が血で真っ赤!なんて大惨事になりかねません。
排便時お尻が痛いと感じたらすぐに病院での
受診をおすすめします。

軽いものなら塗り薬で治りますし、
便の状態に合わせて便秘薬も出してもらえます。

まとめ

便秘というとなんとなく人に言いづらく
受診するのもためらいがちですが、
放置しておくと体調や肌にとって本当に
悪影響ですし、慢性化すると将来的に
いろいろなところに影響がでます。

食習慣や生活習慣での改善が一番ですが、
なかなか効果がでない、もう他の部分に
影響が出始めているという場合は
1度専門機関へ相談したほうがいいでしょう。

管理人からのアドバイス

便秘は軽視するものではありません。

悪化し重篤な状態になりますと、
便が腸内の水分を吸い尽くし
コンクリートのように硬くなって
肛門から排泄できなくなります。

そうなると一般的な便秘解消法、
乳酸菌、水分、食物繊維などを取る、
適度な運動したくらいでは改善しない。

救急車を呼んでもよいので病院で
医師の診察を受けること。

下剤を処方してもらえたり、浣腸してくれる、
という処置となりますが、
必要であれば外科手術によって便を取りだす
治療が行われます。

1、2週間程度、最悪でも1か月弱くらいの
便秘ではこのようなことにはなりませんので、
ご安心ください。

1週間の便秘で内科の先生へ相談しにいくのは
悪いことではなく、
すぐにお薬も出してくれますので、
最近お通じが来ないな・・・と気になるよう
でしたら早目に病院へ行きましょう。