もち麦で便秘解消、激しい腹痛が消えた【便秘の体験談】

現在30代後半の主婦ですが、中学生ころから便秘との付き合いが始まり、
これが当たりまえの生活になっていました。

女性は便秘でない人の方が珍しいくらい、ほとんどの方が該当されると思います。

便秘で地獄のような苦しみ

私も便秘しやすい体質になってしまっていますが、それほど長期間出せずに
苦しむことはありません。

長くても5日くらいで便通がありますが、
食べている量に対して少ないと感じることはしょっちゅうです。

何日も出ない日が続くと、食べる量が多い夕食のあとや寝る前に
激しい腹痛に見舞われて下痢をするパターンが多かったです。

何はともあれ出てくれるのであれば多少の腹痛は致し方ないのですが、
このときの痛みが時折尋常ではないほと激しいものになるときがありました。

腹痛と同時に吐き気に襲われたり、全身から玉のような汗が噴き出してきたり、
震えが止まらないことも。

しばらく腹痛の波が襲ってくるのを感じながら過ごしますが、
なかなか便通には到達しません。

時間にして2~3時間ほどかかることも普通です。

いよいよ便意がきたと思っても、なかなかスッキリせず
一度トイレから退散し、腹痛の波に付き合うことになります。

これを3サイクルほど繰り返して最後は下痢となりますが、
全部出てしまった後はさきほどの苦しみが嘘のように元気になります。

ただ、これが夜中のときは同時に寝不足も余儀なくされるので
大変つらい思いをしました。

もち麦で便秘解消

健康やダイエット効果を期待できることや、食感の良さから
もち麦を白米に混ぜて炊くようになり、これを毎日食べることによって
便通が改善されました。

便秘は慢性化していたので改善は諦めていたのですが、
健康とダイエットが目的で取り入れた食品が効果をもたらしてくれる
とは思いもせず、嬉しい誤算でした。

もち麦は子どもも通院の際に調剤薬局で見かけて、
もち麦というおいしそうな響きに惹かれたことが購入のきっかけです。

食感がよく栄養も豊富とのことで、家族も食べてくれたので
一袋がなくなったあと違う商品を試してみるなど購入し続けています。

世間で少し流行していることや便通に効果があるとは知らなかったので、
最近調子が良いなと気が付いてからもち麦の効果を後付で知ったというかたちです。

価格も高くないですし、スーパーやドラッグストアなどでも購入できるので、
誰にでも続けやすいと思います。

最近では白米だけで炊いたごはんでは少し物足りなさを感じるようになりました。

便通は毎日とまではいきませんが、食べ始めてからの半年ほど
あの激しい腹痛には襲われなくなり、長くても3日に一度は出ています。

便秘だけでなくほかにもメリットがあるのでおすすめです。

管理人からのアドバイス

もち麦には食物繊維がたくさん含まれているので、
その食物繊維が腸内で消化した食べ物のカスを吸着し 膨らませて、
かさを増す。
便が形となり増え、その大きな便の塊が腸壁を刺激して 便意を催すのです。

つまり、もち麦は便秘解消につながる食べ物だと言えます。

もち麦はダイエット効果があると言われていますが、
痩せる理由のひとつは便通がよくなるからです。

逆に食物繊維が不足すると便ができにくく、
便意も催さない傾向になっていくことがありますので、気をつけたい。

どんな食べ物や飲み物でも少し食べたくらいでは、
その成分で体質や体の機能がよくなることはありません。

しかし習慣として続けていると、やがて成分の効果が発揮されて、
体の動きが変わり、実感に変わる。

もち麦をお米に混ぜて炊くことにより、毎日ごはんを食べるだけで、
自然に食物繊維が大量に腸内に入っていきます。

結果として便秘がされる。

もち麦ごはんの習慣で知らずに便秘が無くなっていたというのは
素晴らしい便秘解消法だと言えるでしょう。