納豆菌と乳酸菌の違いは?便秘解消に相性のよい食べ方を知っておこう


納豆菌と乳酸菌はどちらも整腸作用があり、便秘解消に良い
と言われている細菌群です。

似たような効果があるとは言えこの両者は別物であり、
違いがあります。

納豆菌と乳酸菌の違いと、この2つの菌の相性を解説していきます。

納豆菌と乳酸菌の違い

納豆菌は納豆を作る際に利用される菌のことで、
乳酸菌は腸内細菌であり善玉菌に分類される細菌。
ヤクルトなどの乳酸菌飲料やヨーグルトなどでご存知かと思います。
つまり発酵された際に作られる菌。

どちらも発酵食品に用いられている点では同じなのですが、
大きな違いは胃酸への耐性になります。

乳酸菌は胃酸への耐性が弱く、胃に運ばれると死滅してしまう
ことがほとんど。
しかし納豆菌は胃酸への耐性が強く、生きたまま腸へと
運ばれていきます。

そのため生きたまま腸内で腸内細菌をサポートしたり
活性化させるには納豆菌が有利という特徴がある。

納豆菌と乳酸菌の相性

上記のことから納豆菌を摂取すれば、納豆菌が生きたまま
腸内に届くため、乳酸菌の増加を手助けしたり、
乳酸菌の死滅を防いでくれます。

どちらもプロバイオティクス、生きたまま人間の腸内で
状態をよくしてくれる働きがある細菌という共通性。

納豆にはナットウキナーゼという酵素が含まれていますが、
便秘解消効果もあるされます。

二つの菌を一緒に摂取することで、腸内活動はより活発となり、
健康により良い効果を与えてくれる可能性が極めて高い。

もちろん整腸作用から便秘解消につながる。

便秘に効果的な食べ方

納豆菌と乳酸菌2つを摂取する方法ですが、シンプルに
ご飯と納豆を食べて乳酸菌飲料を飲むことが良いと言えます。
飲み物ではなくヨーグルトでも可能です。

ここでポイントは乳酸菌は胃酸や胆汁に弱いので、
空腹時や朝一番に食べることには向いていません。
そのため昼や夜の摂取、もしくは朝ご飯の後に時間を置いて
ヨーグルトを食べる、乳酸菌飲料を飲むと、より一層の
効果を発揮しやすくなります。

また納豆を食べる際にキムチも混ぜると、より便秘解消に
繋がりやすくなるでしょう。
なぜならキムチに植物性乳酸菌が含まれているからです。
すぐき漬け、ザーサイ、ザワークラウトなどでもよい。

便秘に悩んでいる方は、まずは食生活を見直して整腸作用が
見込める菌の取り方をしてみてください。

納豆菌や乳酸菌の違いを理解したうえで、この2つを合わせて
取り入れれば、善玉菌が増えて悪玉菌が減るなど
腸内細菌バランスもよくなり、便秘解消に繋がるでしょう。