乳酸菌とビフィズス菌の違いは?ヨーグルトのビフィズス菌こそが善玉菌

乳酸菌とビフィズス菌の違いについて解説いたします。

乳酸菌

乳酸菌とは糖から乳酸を産生する菌。
腸内細菌、腸内フローラにおいて乳酸菌は善玉菌です。

善玉菌が多いことで便秘や下痢が起こりにくい整腸作用となり、
腸内環境が正常化されます。
これが維持できれば便秘にならない、下痢にならない健康な腸を実現できる。

乳酸菌と言えばヨーグルトや乳酸菌飲料のヤクルト、
ピルクル、カルピスなどで聞いたことがあるでしょう。

ビフィズス菌

腸内環境を整えるための善玉菌であるビフィズス菌。
乳酸菌と並んで腸内細菌。

ビフィズス菌も糖を分解して乳酸を作り出しますが、
さらに酢酸も作り出すという善玉菌。

乳酸菌よりもビフィズス菌のほうが有効な作用が期待できます。
実は善玉菌の多くはビフィズス菌なのです。
便秘の予防や改善にもビフィズス菌のほうがより必要ということになります。

ストレスや加齢要因によってビフィズス菌は減少しますので、
補給をしたいところですが、残念ながら普段のお食事や食材の中に
ビフィズス菌は存在しません。

乳酸菌とビフィズス菌の違いについて

乳酸菌とビフィズス菌は同じようなものだと捉えられがちですが、
同じ善玉菌でも異なる種類の菌です。

善玉菌のほとんどがビフィズス菌であり、腸内において最も有用な働きをする。
その点、乳酸菌はサポート的な役割。

乳酸を多く産生するのが乳酸菌ですが、ビフィズス菌は乳酸だけでなく、
酢酸まで作り出すことが違いのひとつ。
酢酸は腸内を酸性にするので悪玉菌を殺菌するのに役立つ、悪玉菌が減るわけです。

乳酸菌とビフィズス菌の他の違いとしては、乳酸菌は酵素があるところでも
生きられるものの、ビフィズス菌は無理。
よって酵素がある小腸には乳酸菌だけが生息。
ビフィズス菌は大腸にしか生息できない。

このことからビフィズス菌を生きたまま腸に届けるのがより難しいと
おわかりになるかと思います。

ビフィズス菌を増やす

ビフィズス菌を取るなら代表的なのはヨーグルト。

その中でも生きたまま腸まで届くというものを選んでください。
パッケージの記載などを見ればわかります。
善玉菌は体内で死滅しても他の善玉菌のエサになりますので、
全くの無駄ではありませんが、大腸まで届けてこそ善玉菌としての役割を発揮します。
ヨーグルト製品開発および製品改良の歴史を経て、
大腸まで届くヨーグルトがあるのですから、ぜひ活用したい。

そしてできるだけ食後に食べるほうが熱や酸からの影響を避けることができるでしょう。
少しでも多くのビフィズス菌を生きたまま大腸に届けたい。

さらにオリゴ糖を合わせて取りますと、乳酸菌やビフィズス菌のエサとなり、
結果的に乳酸菌やビフィズス菌を増やすことにつながりますので有効な手段です。
オリゴ糖の具体的な食品としては、きな粉、玉ねぎ、バナナなど。

また、市販の乳酸菌サプリメントやビフィズス菌サプリメントは、
腸内フローラサプリメントとも呼ばれますが、
コーティングやカプセル錠などの工夫で、熱や酸に強く生きたまま大腸に届きやすい
工夫がなされています。

ビフィズス菌サプリは腸内のビフィズス菌を増やすのに有用。