乳酸菌やビフィズス菌をサプリで取るならどっち?両方同時に摂取


乳酸菌やビフィズス菌という言葉はヨーグルトなどでも
よく知られていますし、便秘解消に良い細菌だという
イメージを持っている人も多いことでしょう。

しかしこの2つの細菌の違いは何かということを
正確に知っている人は少ないかもしれません。

最近ではサプリとしても簡単に摂取できるようになった
ビフィズス菌や乳酸菌について解説していきます。

ビフィズス菌とは

ビフィズス菌は主に大腸に生菌されていて、腸内の善玉菌の
大半、99%以上がビフィズス菌となります。

他の菌は腸内に届くまでに死滅してしまいますが、
ビフィズス菌は腸内まで生きて届くため整腸作用が高く
便秘に非常に効果的であると言われています。

同時に余計な栄養素や老廃物を吸収しにくくすることから、
ダイエット効果も見込め肥満防止にも役立つという研究
もすすんでいる。

腸内にありますが逆に自然界では生息することが難しい細菌。

乳酸菌とは

乳酸菌をビフィズス菌と同じものとして考えている人が多い
と思いますが、実は違います。

乳酸菌はビフィズス菌と違って小腸に生菌、糖を分解し乳酸を
作り出す細菌の総称。

さらには自然界の乳製品や発酵食品に存在している。
ヨーグルト、乳酸菌飲料は有名ですが、チーズ、
味噌、醤油、漬物、キムチ、ザーサイ、すぐき漬け、
ザワークラウトなどにも生息。

乳酸菌はビフィズス菌のサポートし、生息しやすい環境造り
を行ってくれる働きがある。

乳酸菌の他の効果効能としては、便秘解消、免疫力向上、
アレルギー改善などが挙げられています。

便秘に効果があるのは、どっち

乳酸菌もビフィズス菌のどっちを取るのが正しいというよりも、
同時に取るくらいの感覚で両方を摂取するようにすれば、
便秘解消により一層の効果が期待できる。

ヨーグルトや乳酸菌ドリンクを定期的に食べておきましょう。

同時にオリゴ糖は善玉菌のエサとなり乳酸菌やビフィズス菌を増やす。
納豆菌は熱や酸に強く、腸内では善玉菌を増やすサポート機能
があるとされていますから納豆も食べておきたい。

乳酸菌もビフィズス菌も熱や酸に弱く、食べ物で摂取した場合、
生きたまま腸まで届くのは困難。
では食品から乳酸菌やビフィズス菌を取るのは意味がないのか
と言えばそうではなく、死滅しても善玉菌のエサになるので
腸内の善玉菌を増やす目的で気にせず多めに取りましょう。

特にサプリメントを使用すれば胃酸や胆汁からの酸や熱で
死滅することなく生きたまま腸内へ届くので、
サプリを積極的に使って、腸内環境を整え便秘解消していきましょう。