乳酸菌を取りすぎると健康被害?腸内環境の変化は?

乳酸菌を取りすぎると健康被害になるのか。

そのとき腸内環境の変化はどうなるか。

乳酸菌の取りすぎ

乳酸菌を取りすぎても副作用や健康被害になることはありません。

余剰な乳酸菌は死滅し便と一緒に排便されるか、
生きている乳酸菌のエサになるだけ。

ただ、腸内環境としては働きが活発になりすぎて、急激な蠕動運動から
腹痛を感じるかもしれません。そして排便の回数が異常に増えて苦しむ
可能性はあります。
便秘予防の観点からはとてもうれしいことですが、通じがよくなり過ぎる
もの大変ではあります。

乳酸菌は熱や酸に弱い

ヨーグルトや乳酸菌飲料で、乳酸菌を摂取することを意識的に
強化したところで、乳酸菌は熱や酸に弱い性質ですから、
口から飲み込んでから胃などで多くは死滅してしまいます。

そもそも腸まで生きたまま届く乳酸菌自体が少ないので、
食べることによる乳酸菌を含む食品や飲料の摂りすぎが、必ずしも
腸内において乳酸菌の大量増加ということにはなっていないのです。

腸内に大量の生きた乳酸菌を保有すること自体が簡単ではありません
ので心配無用。
取りすぎからの健康被害を考えるのはあまり意味がありません。

むしろ乳酸菌ドリンク等においては糖質(砂糖)が入っているため、
糖の過剰摂取のほうが心配されます。
なるべく無糖のヨーグルトを食べるようにするか、乳酸菌飲料は
飲み過ぎないようご注意ください。

乳酸菌サプリメント

乳酸菌のサプリメントの場合は生きたまま腸内に届くように
開発されています。

これを過剰に摂取すれば腸内環境の正常化が行きすぎて、
増えすぎた善玉菌による腸の動きがあまりに活発で困るくらい
かもしれません。

容量用法を守って決められた量を飲むようにすれば大丈夫ですし、
余剰分も害にはならず排出されるだけですのでご安心ください。