ストレス便秘を乳酸菌と適度な運動で改善【便秘の体験談】

私は一時的ですが、すごく便秘に悩んでいました。

ストレスが原因の便秘

あのときは仕事のストレスなどでストレスを溜めこんでいる時期で、
そのせいか食欲があまりなかったのです。

このせいで食生活が非常に悪くなっていて、気づいたら便秘に。

いつの間にか便秘になったことで、すごく悩みました。

時には3日間くらい便が出ないときもあって、
今まで毎日便が出ていた私はすごく心配になってきました。

お腹が張る、寝るときに苦しい

便秘でお腹がずっと鈍く痛むのも辛かったですが、
一番困るのが眠るときですね。

お腹に物が溜まっているとすごく寝心地が悪くて辛かったです。

仰向けになって寝ると必ずお腹に違和感があって寝心地が悪いので、
俯けになって寝ることが増えました。
そうすることでお腹が圧迫されて次の日に便が出やすくなった
ということからもよくそうしていました。

寝る前はすごく寝心地が悪いし、たまにお腹に痛みがあるんです。
便が溜まりすぎて痛いというような感じでした。

痔も悪化していく悩み

寝心地が悪い他にも痔が悪化する問題もありましたし、
本当に最悪でした。

便秘になるともともとなっている痔が悪化するんです。
力んで便をすると必ず痔になってしまって、トイレに座るのが辛かった。
痛いのを我慢して便を出すのがとても大変で苦しい。

乳酸菌ヨーグルト

この便秘症状を治すために私がまず最初に始めたのが
乳酸菌の入ったヨーグルトを食べることです。

腸内環境を良くして便秘を治すためには乳酸菌がいい
という噂を聞いて私は乳酸菌がたっぷり入ったヨーグルトを
必ず冷蔵庫に置いておくようになりました。

食べることで腸内環境を良くしたのです。

乳酸菌はすごく私のお腹に良い働きをしてくれて、
私の便秘は次第に良くなって行きました。

適度な運動としてウォーキングを実践

加えてもう一つ私が便秘対策にやったことがあります。

それが適度な運動です。
私はウォーキングを始めて便秘対策に役立てました。

歩くとすごく腸が動くみたいで、そのおかげで便が出やすくなったのです。

歩くのはやってみると意外に楽しいもので、
時には隣町まで1時間も歩いていました。

もちろん翌日はたくさんの便が出て、快便。
すっきりして気分もよかった。

まとめ

便秘対策には食べ物と運動に着目した方が良いと思います。
この二つの方法は私の便秘対策にすごく効果がありました。

とにかく酷かった便秘が次第に回復して行くのを
実感しましたので間違いありません。

おかげで今は便秘の悩みも大分無くなって、
すごく心地よく過ごしています。

便秘解消にはとても役立つ方法なので、皆さんも試してみてください。

ちなみにウォーキングは毎日した方が効果が出ます。

便秘を改善して気分の良い生活を行いましょう。

管理人からのアドバイス

ストレスで知らないうちに便秘になっている、
というのはよくある話。

ウォーキングなどの適度な運動をすることは、
下半身の動きから腸を刺激するだけでなく、食欲増進、
ストレス解消にもつながりますので、
それが快眠になって睡眠も改善し体内時計、体のリズムもよくなる。

これは便秘には大いに効果あり。
毎日ウォーキングするのも正しい。
人間は毎日食事をし、毎晩睡眠するのですから、
運動も毎日が好ましいのです。

乳酸菌は善玉菌であり、腸内細菌バランスを整えます。
悪玉菌が増えすぎると腸内環境が悪くなり、
便秘や下痢を起こしやすくなりますので、
腸内には常に善玉菌を多くしたい。
それを目的として乳酸菌飲料を飲む習慣は、
便秘解消にとても大きな効果が見込めます。

むしろ善玉菌は腸内になくてはならない存在。

生きたまま腸まで届けて無くては意味がありませんので、
乳酸菌サプリメントを活用するのもよいでしょう。