乳酸菌飲料の効果で整腸作用

乳酸菌飲料の効果で整腸作用を機能させましょう。

整腸作用とは?

整腸作用とは腸内細菌のバランスを整え、腸内環境をよくすること。
これによって便秘や下痢がなくなり、定期的に自然でスムーズな
排便をするようになります。

具体的には腸内において有用菌を増やすこと。
有用菌とは乳酸菌やビフィズス菌に代表される善玉菌。

大腸菌やウェルシュ菌など悪玉菌を減らす。

善玉菌を増やせば、相対的に悪玉菌は減りますので、
とにかく善玉菌を増やすことが整腸作用を得る方法なのです。

乳酸菌飲料

乳酸菌飲料とは乳酸菌が入ったドリンク。

誰でも飲んだことがある、もしくは一度は聞いたことのある飲み物でしょう。

ヤクルト、ピルクル、カルピス、マミー、
ジョア、ブルガリアのむヨーグルト、ビックル、
といった商品が有名ですね。

乳酸菌飲料の効果で整腸作用

乳酸菌飲料を飲めば、体の中で乳酸菌つまり善玉菌が増えますので、
整腸作用につながります。
ヨーグルトも同じ。

乳酸菌飲料の効果で整腸作用が得られるということ。

注意したいのは乳酸菌は酸や熱に弱いため、
生きたまま腸に届くのは難しい。

大半は死滅してしまいますが、善玉菌のエサになりますので無駄にはなりません。

しかし乳酸菌飲料を大量に飲みますと、糖が含まれていますので、
糖分の取り過ぎで肥満や糖尿病のリスクが高まります。

また、糖の取り過ぎは善玉菌の働きが弱くなる原因のひとつに挙げられていますので、
かえって整腸作用が弱くなってしまう可能性も否めません。

乳酸菌サプリメントはコーティングや錠剤カプセルで生きたまま腸まで
乳酸菌を運ぶことに優れていますので、
市販の乳酸菌サプリメントも併用すると、なおよいでしょう。