便秘解消にオリゴ糖をかけたコーヒーゼリーを食べる習慣を


便秘解消にコーヒーゼリーを食べるとよいのか。

コーヒーゼリーと便秘の関係

市販のものでもよいのでコーヒーゼリーを朝食後に食べると
一時間後くらいにお通じが出るようになり便秘が解消された
という人がいます。

コーヒーゼリーには寒天が含まれているので、
コーヒーの便秘解消効果と寒天の整腸作用の二つの働きにより
お通じがスムーズに出ることが考えられます。

手作りコーヒーゼリーにはオリゴ糖を

市販のコーヒーゼリーはちょっと味が濃いと感じるのであれば、
パック入りのコーヒーに粉状の寒天をぬるま湯で溶いた物で
コーヒーゼリーを手作りすればよいでしょう。

出来上がりが市販のコーヒーゼリーよりも固めなってしまっても、
手作り感もまたおいしいもの。
練乳をかけて食べると美味しい。

手作りなら工夫してオリゴ糖も入れればなおよい。
なぜなら食物繊維を含み、善玉菌のエサになるので、
より便意を催し、腸内環境を整えることにつながる。

コーヒーで便秘解消?

コーヒーは便秘解消につながるという意見と、
便秘になってしまうということで見解が分かれます。

コーヒーを飲むと何故便秘が解消されるというのか。
胃液の働きを活発にするため腸にも刺激が伝わり便意を催すという説があります。
空き腹だと胃に刺激がありすぎるので食後に飲むとよい。

あまり濃いコーヒーを飲むとカフェインが大腸の収縮する働きを
抑制することがあり、人によっては薄く入れて飲むほうがよいかもしれません。

飲むコーヒーにもオリゴ糖を入れてよいですね。
牛乳もお腹が緩くなることからカフェオレにしてはいかがでしょうか。