腸内環境を整えてセロトニンを増やす、うつ改善へ

腸内環境を整えてセロトニンを増やす。
うつ改善へと向かう腸内環境とメンタルの関係について。

セロトニン

セロトニンとは神経伝達物質であり、精神の安定や、
快活さ、やる気に関係しています。
別名で幸せホルモン、幸福ホルモンと呼ばれるほど。

不足してしまうと元気がない、ダルい、塞ぎこむ、
酷いと、ウツ症状や鬱病を発症する可能性もあります。

日常において、体は健康なのに、特に疲れているわけではないのに、
何かやる気がでない、モヤモヤする、落ち込んでしまう
といったときはセロトニンが不足いしているのかもしれません。

また、精神科において処方される抗鬱薬の中には
セロトニンに似た成分のものもあります。

セロトニンは夜の時間帯に睡眠ホルモンであるメラトニンに
変換されます。
メラトニン不足は睡眠障害、不眠症へとつながりますので、
この観点からも原料となるセロトニンが必要不可欠。

腸とセロトニンの関係

セロトニンは人間の体において、脳、血液、腸に存在しており、
なんとその90%が腸内に存在するというのですから驚きです。

腸内環境が崩れてしまうと、セロトニンが減ってしまい、
精神不安定、やる気の消失、やがてはウツになる恐れまで考えられる。

そして腸の働き自体にも関係するということで、
セロトニンが充実すれば便秘や下痢にもなりにくい。

腸内環境を整えてセロトニンを増やす、うつ改善へ

鬱病の方、うつ症状の方は、原因について複雑な要素があり、
特定することは難しいですが、その要因のひとつとして、
セロトニン不足も考えてみるべきです。

そもそもセロトニンが多ければ、毎日元気に過ごして、
勉強や仕事に励み、遊びも楽しく、充実した日々を快活に
過ごしているはずですから。

セロトニンを増やすには腸内環境を整えることがとても重要
なのは先にご説明しました通り。

腸内環境を整えてセロトニンを増やすこと。
そしてそれは、うつ改善へとつながっていきます。