市販のヨーグルトで取れる乳酸菌やビフィズス菌の種類と特徴性質


腸内環境を改善する善玉菌としての乳酸菌やビフィズス菌が
代表的です。

腸内細菌には多くの種類があり、それぞれに特徴的な性質や
効果があります。

善玉菌の種類とその特徴

腸内環境を整えるには善玉菌が多くすること。
以下が市販のヨーグルトで取れる善玉菌としての腸内細菌の
主な種類とその特徴になります。

ビフィズス菌SP株は、人由来のビフィズス菌。
大腸で働く菌となり、便秘の改善や免疫力をアップし、
病原性大腸菌の感染予防に効果があるといわれています。

ガセリ菌SP株は、内臓脂肪を減らす働きがあり、
ダイエットにもよい乳酸菌といえます。

LG21は、胃酸に強いため、ピロリ菌を撃退する効果に優れています。

ブルガリア菌は、腸内環境を整えて免疫力を高める効果がありますが、
人の腸内にすみつくことができません。
ただ、乳酸をたくさん作り出して、死んでしまった菌も
他の善玉菌の餌となって増殖を促進するという特徴があります。

ラブレ菌は、京都の漬け物、すぐき漬けから発見された菌で、
熱や酸に強い植物性乳酸菌なので、生きたまま腸まで届き
腸内環境を整えることができます。

シロタ株は善玉菌を増やして便秘の改善だけではなく、
花粉症などのアレルギー症状の緩和にも役立つという研究も
すすんでいる。

クレモリス菌FC株は、腸内環境の改善以外にも、
中性脂肪の低下や血糖値の抑制、
アレルギー症状の改善などの効果などが期待できます。

まとめ

どの乳酸菌も、基本的には腸内環境で善玉菌を増やし、
便秘改善に効果がある。

そしてそれ以外の効果や効能が異なるというのも注目すべきポイント。

細菌の名称がヨーグルトの商品名になっていることが多いので、
特に取りたい乳酸菌、ビフィズス菌などの善玉菌を知ったら、
目安にして買って食べてみるとよいでしょう。