水溶性食物繊維の海藻を食べて便秘解消【体験談】

便秘が原因でぽっこりお腹になってしまったり、
おならが臭くて困っていました。

特におならには困っています。
人前では臭いのでおならができないのですが、
我慢しているとお腹が張って苦しいです。

また、あまりにも臭いので自分でも嫌になります。

肌荒れの原因は便秘?

便秘は肌荒れの原因ともいわれています。

肌荒れはそれほどひどくないのですが、毛穴が目立ったり
肌がくすみがちです。
これも便秘が原因ではないかと思います。

食物繊維

お腹が張るのはつらいし肌をもっときれいにしたいので、
便秘を解消しなければと思って始めたことが、
食物繊維をたくさん摂ること。

食物繊維は水分を吸って膨張をして便のカサを増やし、
大腸を刺激して腸の蠕動運動を活発にしたり、腸内の
善玉菌のエサになります。

今までも食物繊維を意識して摂っていたのですが、
食物繊維の種類が自分には合っていなかったのではないか
と思います。

不溶性と水溶性の違い

食物繊維には不溶性と水溶性があります。

不溶性は野菜、果物、豆類などに多く、
水溶性は海藻や大麦などに多く含まれています。

不溶性と水溶性を2:1のバランスで摂取をすると
便秘に効果が見込めるそうです。

私は野菜ばかり食べていたので、不溶性が多く
水溶性の摂取量が少なかったのかもしれません。

不溶性食物繊維ばかり摂ると、腸に詰まって
便秘が悪化することがあるそうです。

そこで、水溶性食物繊維を意識して多く摂ることにしました。

海藻を食べる

毎日海藻をたくさん食べています。
青のり、昆布、あおさ、ひじきなど。

水溶性食物繊維が多く含まれているからです。

海藻は鉄分やマグネシウムなど不足しやすい栄養素を
豊富に含んでいるので、栄養補給にもなります。

腸の状態をよくするためには、栄養摂取も大切。

海藻をよく食べるようになってから、少しずつ
便やおならが臭くなくなってきました。

おなら臭い理由は悪玉菌が多いから

便やおならが臭いのは悪玉菌が多いからで、善玉菌
優勢なら臭くはありません。
臭いが減ってきたということは、善玉菌が増えてきた
のかもしれません。

そして、いつの間にか毎日すっきりとお通じが
あるようになりました。

まとめ

毎日すっきり出るとお腹ぽっこりも解消されるし、
人前でおならをする心配もなくなりました。

便秘解消のためにやったことは、海藻をたくさん食べる
ことだけで、他のことは今までと変えていません。

やはり、不溶性食物繊維に偏っていて、
水溶性食物繊維が足りていなかったのかもしれません。

食物繊維をむやみにたくさん摂るのではなく、
どんな種類の食物繊維を摂るかも大切だと思いました。

管理人からアドバイス

食物繊維が不足しますと、まとまった大きさの
便が形成できないため、腸壁の刺激が少なく
便意を催しにくくなります。

食物繊維を積極的に取るのは便秘解消につながる。

水分や老廃物を吸着させるのが水溶性食物繊維、
水分とともに膨張して膨れ上がり便のカサを増すのが
非水溶性食物繊維の役割。

便意が少ないなら非水溶性食物繊維を。
下痢や便秘と安定しないのであれば水溶性食物繊維を
取るようにするとよい。

ご指摘の通り両方をバランスよく取るのがベストですが、
日本人は水溶性食物繊維が不足しているという指摘もある。

海藻には水溶性食物繊維が含まれていますので、
便秘解消にはよい食品だと言えるでしょう。