植物性乳酸菌と動物性乳酸菌で便秘への効果が違うのか

乳酸菌には、植物性乳酸菌と動物性乳酸菌がある。

それぞれ含まれる食品や特徴が違います。

乳酸菌とは

乳酸菌とは、糖を分解して乳酸を作る菌のことです。

ビフィズス菌という言葉も聞きますが、乳酸菌とビフィズス菌は
厳密には違います。

乳酸菌は糖を分解して乳酸を50%以上作る菌ですが、
ビフィズス菌は乳酸以外にも酢酸を作り出します。

乳酸菌は人の腸内や乳製品、漬物の中にも存在しています。

植物性乳酸菌とは

植物性乳酸菌とは、植物性食品に含まれる乳酸菌のことです。

代表的な食品は、ぬか漬け、キムチ、味噌、
醤油、糠漬け、日本酒、さらに沢庵、しば漬け、
あまり知られていない乳酸菌食品として、
すぐき漬け、ザーサイ、ザワークラウトなどがあります。

納豆も発酵食品ですが、乳酸菌で発酵しているのではなく、
納豆菌の力で発酵をしています。

植物性乳酸菌は過酷な環境でも生き延びる強い力があります。
胃酸にも負けずに生きて腸に届く確率が高いと言える。

動物性乳酸菌とは

動物性乳酸菌は、動物性食品に含まれる乳酸菌のことです。
乳製品を主とし、代表的な食品はヨーグルトやチーズ。

動物性乳酸菌は胃酸に弱い性質があるので、腸に辿り着く前に
そのほとんどが死滅してしまう。
生きたまま腸に届く動物性乳酸菌はごく僅か。

そのためサプリメントやヨーグルトなどでは、生きたまま腸に
届くような加工していることがあります。

乳酸菌の摂り方のポイント

動物性乳酸菌を胃酸などで死滅させずに腸に届けるためには、
摂り方にポイントがあります。

動物性乳酸菌を含む身近な食品がヨーグルトですが、
食べるなら食後がおすすめです。
食後は胃酸が薄まっているので、生きて腸に届く可能性が高くなる。

またヨーグルトを食べる量は1日150g以上を摂取するとよい
といわれています。

植物性乳酸菌も動物性乳酸菌も、毎日取り続けることが大切です。

食品やサプリメントなどで口から摂取した乳酸菌は、
腸に数日で排泄されてしま胃腸に定住をしないので、
毎日摂取をし続けて腸に届けてあげましょう。