植物性乳酸菌で便秘解消。生きたまま腸に届く

若い頃は便秘とは縁のなかった私ですが、40代になり便秘に悩まされる
ようになりました。

歳を取ると腸の動きが弱くなって、よっぽど意識して生活しないと
すぐに便秘になってしまいます。

植物性乳酸菌

便秘に効くという食材、ヨーグルト、バナナ、ココア等
いろいろ試してみましたが、体質に合う合わないがあるようで
私はこれらがほとんど効きません。

他にも試してみた結果、効き目があったのが、キムチと
乳酸菌飲料のラブレという飲み物でした。

調べるとどちらも植物性乳酸菌。私には植物性乳酸菌が合ってるようでした。

植物性乳酸菌は動物性乳酸菌に比べて過酷な環境の中でも
生き抜くことができる強い乳酸菌なので効果があったのも納得。

いつも夕食時にキムチを食べたり、食後にラブレを飲んだりしています。

ぬか漬け、ザワークラウト、ザーサイ

植物性乳酸菌がとれる食べ物は他にも、ぬか漬けや
ドイツのザワークラウト(キャベツの酢漬け)、
中国のザーサイなどもあります。

私は手に入りやすいキムチにしていますが、便秘薬などに頼らず、
食事の中に取り入れることができるのが理想的ですよね。

オリーブオイルやアマニオイル

また、オリーブオイルやアマニオイルには便を滑らせ
出しやすくする効果があるとされます。

アマニオイルは高価でなかなか手が出せないので、私の場合は、
オリーブオイルをキムチにたらして食べます。
味はそんなに変わらないので誰でも抵抗なく始められるはず。

すると翌朝スッキリ!
快便に喜ぶ。なかなか効果的です。

リラックスのための入浴

また、便秘解消に欠かせないのがリラックス。
よく旅行中で友人とホテルが相部屋だったりすると便秘になりがち
だったりしませんか?腸は第二の脳とも呼ばれていて、
精神的な緊張などにとても敏感。
リラックスすると腸の動きもよくなります。

私がリラックスして便秘解消効果を感じるのが入浴。
ゆったりを入浴できた翌日はお通じもよい状態です。

温め効果とリラックスの両方で腸によい影響を与えているようです。

便秘が続くとなんだか気が焦ってしまいますが、リラックスするのが
一番効果的です。

管理人からのアドバイス

植物性乳酸菌とは、動物の乳以外の主に植物をもとにした乳酸菌。

最大の特徴が生存に強いことで、生きたまま腸に届くのは
ほぼ全て植物性乳酸菌のほうであることを知っておきたい。

つまりヨーグルトやチーズを食べるよりもキムチや糠漬け。
日本食で言えば味噌や醤油も該当します。

ちなみにラブレという商品は、植物性乳酸菌ラブレ菌が
主成分になっています。