乳酸菌は食前?食後?いつ飲むのが効くのか

乳酸菌飲料やヨーグルト、乳酸菌サプリを
1日の中でいつ飲むのが効くのか?と疑問に思う人も
いることでしょう。

食事で言えば食前なのか食後がよいのか。
朝がよいのか、夜がよいのか。

乳酸菌は食前か食後か

乳酸菌は熱や酸に弱いという性質があります。

食前に取りますと胃酸の餌食になる可能性が高い。
胃にとっては食べ物から入ってきて分解するというのが
普通の流れだからです。

食後というのは、特に直後であればまだ未消化の
食べ物が胃に詰まっています。
胃酸も薄くなっていて、未消化の食べ物の塊のほうにもまわるので、
威力も弱め。乳酸菌もダメージを受けにくい。

逆に食前に乳酸菌を取ったから駄目、大失敗、全く意味が無い、
そのようなこともないでしょう。

全ての乳酸菌が死滅してしまうこともなく、わずかでも腸には
届きますし、乳酸菌の死がいは善玉菌のエサになりますので、
結局は取った全てが意味を持ちます。

ヨーグルトや乳酸菌飲料メーカーからのアドバイスとして、
食前に取るのは無意味、厳禁という話は出ていませんが、
今後は食後を意識してみてはいかがでしょうか。

乳酸菌は朝か夜か

朝に排便するのが健康ですが、乳酸菌を取る時間帯に朝がよいとは限りません。
朝食後に乳酸菌を取っても直後のお通じにつながるわけではないからです。

口から入れて、食道を通ってから胃に入り、
腸に届くまでそれなりに時間を要します。

朝の排便が目的なら夕飯の後か寝る前に取っておく。

それでもヨーグルトを食べる時間帯のイメージは
圧倒的に朝食かもしれません。
夕食でヨーグルトはあまり見ません。
給食は昼食でヨーグルトが出ますね。

乳酸菌飲料のコマーシャルなど見ても朝日っぽい印象。
深夜や真夜中にヨーグルトや乳酸菌を飲む人やイメージはない。

ですが、乳酸菌を取る時間帯と効果はあまり関係ないようです。

それよりもライフスタイルを意識したい。
昼食、夕食が外食なのであれば、お出かけ前の自宅での朝食後に
ヨーグルトを食べたり、乳酸菌飲料を飲むと、毎日の習慣にできる
というメリットはあります。

乳酸菌はいつ飲むのが効くのか

乳酸菌飲料やヨーグルト、乳酸菌サプリについて、
いつ飲んでも効果が大きく変わるということはないでしょう。

ただ、どちらかと言えば食後が適している可能性がある。

時間帯を気にするよりも、お好きなとき、朝、昼、晩の
いずれでもよいので毎日決めたときに取る。
習慣にしてしまえば継続できます。

腸内環境および腸内細菌バランスは日々変化していますから、
便秘や下痢など悪玉菌が優勢なときに取るだけでなく、
日常的に善玉菌である乳酸菌を送りこむことが腸内環境を整えるには有効なのです。