便秘解消になる手のツボを教えて。速攻で便秘改善したい

便秘解消になる手のツボを教えてください。

なるべく速攻で便秘改善したいのですが。

便秘解消になる手のツボ

便秘解消になるツボは多くあり、手だけでなく、
足、お腹、背中にもあります。

中でも手のツボが最も指圧しやすい位置。
暇なとき、空き時間、移動中にも押せる。

気軽に簡単に便秘を解消する方法とも言えそうです。

では、以下便秘解消になる手のツボを ご紹介しましょう。

合谷

合谷(ごうこく)という手のツボ。

親指と人差指の付け根を直線で結んだ中央付近。
人差し指から手の甲へつながる骨の真ん中あたり。

脳を始めあらゆる刺激を起こす万能のツボと言われます。
精神安定やストレス解消にも有効。
もちろん便秘にも効くツボです。

神門

神門(しんもん)という手のツボ。

手を広げて小指から下がった手首の根本付近。
骨からやわらかくなった所。

副交換神経を活発化させるため、腸の動きをよくします。
人間の活動は主に交換神経が強いときに行われますが、
大腸に関しては副交換神経によるものですので、
神門のツボで蠕動運動を呼び起こしましょう。

間使

間使(かんし)という腕のツボ。

手首から肘の方向へ指4、5本ずらした中央付近。
やや強めに押してもよい。

ダイレクトに腸の蠕動運動を導きます。

便秘に対して即効性がありますので便意を催したら
間使のツボが効いたことになります。

このツボ押しの効果で起こる便意に対しては、排便の準備が
間に合わない可能性もありますので、トイレに座って行うのもよいでしょう。

慢性的な便秘の方は毎日決まった時間にトイレに座り、
しばらく間使を指圧してみてください。

支溝

支溝(しこう)という腕のツボ。

手の甲の側、手首よりもさらに下、肘側。
つまり手からやや離れています。
手首から指3本のあたり。

左右から中央付近がちょうど窪んでいる
はずです。

まさに便秘に効くツボとされています。

即効性のある便秘のツボはある?

即効性のある便秘のツボというのはあるものの、
ツボを押せば速攻で大便が出るとは限りません。

やはり腸内環境が悪かったり、つまり腸内細菌において
悪玉菌より善玉菌のほうが多かったり、
水分が不足している、食物繊維が足りない、運動不足、
ストレス状態にある、といった要因があれば便秘にもなりますし、
改善もしにくい。

ただ、きっかけとしてのツボ押しは非常に有効です。

便秘になって解消するためにツボを押すのもよいですが、
便秘予防かたがた、日常の中で 定期的に便秘解消のツボを押すようにする、
そんな習慣として実践していくというのは有効な便秘解消手段と言えるでしょう。